お出かけ

楽しい遊具がある八王子市の公園5選!子供が夢中になる遊具を紹介!

楽しい遊具がある八王子市の公園5選!子供が夢中になる遊具を紹介!
Pocket

八王子市のホームページの公園一覧を見るとなんと八王子市には公園が796個もあります。

小さな公園も含めての数なのですが、それにしても八王子市は公園の数が多いなと思います。

私は八王子に住んでいますが、よく親子で一緒にいろんな公園に行って楽しんでいます。

今回は「楽しい遊具がある八王子市の公園5選!子供が夢中になる遊具を紹介!」と題しまして、私が実際に行ったことのある、楽しい遊具がある公園を紹介します。

 

明神公園

楽しい遊具がある八王子市の公園5選!

最初に紹介する明神公園は住宅地の中にある公園で、通称「タコ公園」と呼ばれて市民に親しまれています。

明神公園には大きなタコ型の滑り台があります。

子供たちはこのタコの滑り台を見ただけで、テンションが上がって、大喜びです。

子供たちは何度もタコの滑り台に上っていろいろな方向の滑り台から降りてきます。

私たちはよくこのタコの滑り台の周りで鬼ごっこで遊びますが、とても盛り上がります。

明神公園にはタコの滑り台のほかに、砂場、ブランコ、鉄棒もあるので、それらで遊ぶことができます。

素朴で楽しい公園で、私はとても好きな公園です。

 

実際に遊びに行った人達の感想は?

明神公園に実際に遊びに行った人の感想を集めてみました。

女性の口コミ
女性の口コミ
秋には黄色いイチョウと赤いタコの滑り台のコントラストがインスタ映えする。
男性の口コミ
男性の口コミ
目玉は巨大タコ滑り台!その姿に子供だけでなく大人も大興奮!
女性の口コミ
女性の口コミ
小さい子供向けの遊具が複数あって充実している。
男性の口コミ
男性の口コミ
娘が「タコの滑り台に行きたい」というので、明神公園のリピーターです。
女性の口コミ
女性の口コミ
タコの足の滑り台がメインの公園。滑り台が滑りやすいので注意が必要。トイレが近くにないのが残念。

 

明神公園の基本情報

住所:東京都八王子市明神町4丁目24

駐車場:なし、近くにコインパーキングがあり。

アクセス:京王八王子駅から徒歩7分

 

小宮公園

楽しい遊具がある八王子市の公園5選!

2番目に紹介する小宮公園は八王子市最大規模の自然の公園です。

森林の中を遊歩道がいくつも伸びていて、いろいろな木々や植物、昆虫や鳥を見ることができます。

ガイドさんが付いてくれる野鳥ウオッチングや野草観察会などもあって、遠方からやって来る方も多いそうです。

そんな自然の森林の中を歩いて動植物を観察するのも楽しいのですが、子供たちには大型のアスレチック遊具が大人気で、休日には子供たちがたくさん来て遊んでいます。

幅の広い大きな滑り台がメインの遊具ですが、その滑り台に行くまでに階段だけでなくいろいろな経路があり、手を使って登っていく必要があるボルダリングのような壁もあります。

ターザンロープもあって、子供たちには大人気です。

周りにベンチもたくさんあって、大人が座って子供たちが遊ぶ姿を見守ることもできます。

この公園では、親が子供と一緒に遊ぶのもいいですが、親はベンチに座って自然の風景を眺めたり、読書をしてリラックスした時間を楽しむのもいいと思います。

 

実際に遊びに行った人達の感想は?

小宮公園に実際に遊びに行った人達の口コミを紹介します。

女性の口コミ
女性の口コミ
子供ってなんであんなにターザンロープが好きなんだろうと思うくらい、何度もターザンロープに乗っていました。
男性の口コミ
男性の口コミ
息子はボルダリングが気に入ったみたい。ボルダリングと言っても子供向けの易しくて低いボルタリングですが(笑)
女性の口コミ
女性の口コミ
自然が豊かでベンチも多くて、お弁当を食べたり、読書をするのにいい環境。
男性の口コミ
男性の口コミ
遊具もあって原っぱもあって楽しい公園。でも一番の売りは長い林道だと思います。

 

小宮公園の基本情報

住所:東京都八王子市大谷町、暁町二丁目

開園時間:常時

駐車場:2か所あり。合計約50台駐車可能。(休日は一杯になりやすいです)(弁天池駐車場9:00~16:30/サービスセンター前駐車場9:00~17:00)

アクセス:西東京バス「ひよどり山トンネル経由」「バイパス経由宇津木台行き」「八王子郵便局経由中野団地行き」いずれもバス停「八王子郵便局前」下車

 

富士森公園

3番目に紹介する富士森公園は八王子市の中心部にある公園で、公園の敷地内には体育館、陸上競技場、野球場、テニスコートなどがあり、スポーツをやる八王子市民なら一度は利用したことがある公園です。

そして、桜の咲く時期には公園内に桜が咲き乱れ、出店もたくさん出るので、富士森公園に花見に訪れたことがあるという人も多いです。

そして7月下旬には花火大会があり、多くの人が花火を観に集まります。

最近は施設の老朽化から順次施設の立て直し工事をしていて、2020年は陸上競技場が新しくリニューアルオープンしました。

そんな八王子市の中心的公園となっている富士森公園ですが、数年前に公園内の遊具がすべて新しものに入れ替わりました。

大型の複合アスレチック遊具を中心に子供向けのブランコやターザンロープ、砂場などがあり、休日は子供たちが大勢遊びに来ています。

遊具の場所も広くて、いろんな遊具があるので、子供たちは飽きずに長時間遊んでいます。

体育施設の利用のついでに子供を連れてきて公園で遊ばせている保護者も多いです。

長時間子供が安全に遊べる、いい公園だなと思います。

公園のすぐ隣にフットサル場があるので、親がフットサルをして子供が公園で遊ぶという楽しみ方もできます。

 

実際に遊びに行った人達の感想は?

富士森公園に実際に遊びに行った人達の感想を紹介します。

女性の口コミ
女性の口コミ
子供の遊び場が広くて安全なのがいい。子供が飽きずに長時間遊べる。
男性の口コミ
男性の口コミ
遊具が新しくなって子供に人気が出た公園。遊具の場所には子供が一杯いる。
女性の口コミ
女性の口コミ
季節ごとに花が楽しめて、歩いているだけでも運動になる広い公園です。近くのバーゼルというカフェでお茶することもできます。
男性の口コミ
男性の口コミ
毎年、花見はここに来ます。駐車場が広くて無料なのがいい。
女性の口コミ
女性の口コミ
ブランコや滑り台などの遊具が3,4歳向けのものと小学生向けのものの両方あるのがいい。

 

富士森公園の基本情報

住所:八王子市台町二丁目2

開園時間:常時

駐車場:東側駐車場100台(うち障がい者用駐車場3台)
駐車場利用時間: 日曜日9:40~22:00

アクセス:京王八王子駅・JR八王子駅南口から京王バス「法政大学」「東京家政学院」「上大船」「グリーンヒル寺田」行で「富士森公園」下車すぐ

JR西八王子駅から徒歩10分

 

秋葉台公園

楽しい遊具がある八王子市の公園5選!

4番目に紹介する秋葉台公園は八王子市別所の傾斜を利用した公園です。

その傾斜には大きなピラミッドがあります。

まるでメキシコのテオティワカンを模したようなピラミッドで、実際に見てみると公園にあるものとしては結構大きいなと思いました。

ピラミッドの頂上に上ると周りの街並みを一望できてとても気持ちいです。

住宅地や京王線の線路と電車を上から見られるだけでなく、周辺に自然も多いので、紅葉の時期には結構きれいな風景を眺めることができます。

さて、ピラミッドにはなんと滑り台が付いています。

滑り台は地元の人たちから「ドラゴンスライダー」と呼ばれています。

おそらく滑り台が龍のように縦方向に蛇行しているから「ドラゴンスライダー」と呼ばれているのだと思います。

ワクワクする名前ですね!

この滑り台は途中で傾斜が緩くなって減速してしまうのがちょっと残念ですが、とても長い滑り台なので、子供たちには大人気です。

滑り台に乗るためには下からピラミッドを登らなけれはいけないので、遊びながら自然と足腰が鍛えられます。(笑)

このピラミッドの裏側には芝生の広場があり、子供たちや親子連れがサッカー、キャッチボール、バトミントンなどをして楽しんでいます。

遊具と芝生の広場、両方を楽しめる公園です。

ただ、一つだけ注意点があります。

秋葉台公園は駐車場が6台分しかありません。

車を公園の駐車場に止められない可能性があることは覚悟する必要があります。

 

実際に遊びに行った人達の感想は?

秋葉台公園に実際に遊びに行った人達の口コミを集めてみました。

女性の口コミ
女性の口コミ
滑り台は最初スピードが出るけど、途中で減速するので、あまり怖くはない。
男性の口コミ
男性の口コミ
大きい滑り台を何度も滑って、そのために階段をたくさん登ったので、疲れたのでしょう。子供たちは帰りの車で爆睡でした。
女性の口コミ
女性の口コミ
火の鳥をモチーフにした遊び場の中心に砂場がある。ピラミッドの上に上がって見ると火の鳥の形がわかる。
男性の口コミ
男性の口コミ
広場がサッカーをするのにちょうどいい。

 

秋葉台公園の基本情報

住所:東京都八王子市別所二丁目4

開園時間:常時

駐車場:6台

アクセス:京王堀之内駅から徒歩9分

 

殿入中央公園

楽しい遊具がある八王子市の公園5選!

最後に紹介する殿入中央公園は八王子市館町にある公園です。

主要な幹線道路から離れたところにひっそりと存在する公園なので、近くを車で通っただけでは公園の存在に気づかずに通り過ぎてしまうくらい目立ちません。

なので、八王子市民でも殿入中央公園に行ったことない人が結構います。

私は友達に殿入中央公園を紹介してもらって家族で行ってからこの公園が大好きになりました。

殿入中央公園の目玉は何と言っても長いローラースライダーです。

ローラースライダーというのは普通の滑り台と異なり、床面がローラーになっていて回転するので、滑りやすくスピードが出やすい構造になっています。

そして、その長さはなんと105メートル!

大人でも十分楽しめる長さで、実際に大人も結構滑っています。

私も滑りましたが、とても興奮しました(笑)。

105メートルもあるので、上手く滑るととてもスピードが出て、スリル満点です。

ローラースライダーの終点には小さな小屋があってその中にビート板にひもをつけた敷物が置いてあり、誰でも自由に使うことができます。

このビート板をお尻の下に敷いて滑ると滑りやすいです。

何も下に敷かずに滑るとズボンのお尻に摩擦で穴が開きますし、痛いです。

ただ、このビート板は数が少ないので、子供がたくさん来るとすぐになくなってしまうので、自分で敷物を持ってくることをお勧めします。

ホームセンターやおもちゃ屋で売っている土手の芝生の坂を下るためのプラスチックの敷物や、厚めの段ボールを持っていくのが良いと思います。

私たちはいつも段ボールを持っていきますが、段ボールは上手く乗るとすごくスピードが出るので、楽しいですよ。

殿入中央公園にはこのローラースライダーの他に、吊り橋やネットツリー、小さな子供が遊べる遊具、遊歩道、芝生広場などがあります。

 

実際に遊びに行った人達の感想は?

殿入中央公園に実際に遊びに行った人達の感想を集めてみました。

女性の口コミ
女性の口コミ
子供が興奮して何度も坂を登ってローラースライダーを滑っていました。私は3回で坂を登れなくなって体力のなさを感じました。
男性の口コミ
男性の口コミ
長男はネットツリーも大好きです。上まで登ると結構高いので、見晴らしがいいそうです。
女性の口コミ
女性の口コミ
頂上付近にある芝生広場が意外と穴場。レジャーシートを広げてお弁当を食べるのに最適。我が家はいつもここでバトミントンをします。
男性の口コミ
男性の口コミ
最近はローラースライダーのビート板の数が少なくなってきたので、自分のを持ってくるのがいいかも。

 

殿入中央公園の基本情報

住所:東京都八王子市館町2428

開園時間:常時

駐車場:約10台(利用時間:8:15〜17:15)

アクセス:高尾駅南口から京王バス「館ヶ丘団地行き」でバス停「頴明館高校前」下車

 

まとめ

さて、「楽しい遊具がある八王子市の公園5選!子供が夢中になる遊具を紹介!」と題しまして、八王子市内の楽しい遊具のある公園を5つ紹介しましたが、いかがでしたか?

楽しい遊具があると、子供が夢中になって遊びます。

そんな子供の姿を見ると親として幸せな気持ちになるし、子供をこの公園に連れてきてよかったと思えます。

家族の楽しい思い出作りのために、ぜひ楽しい遊具のある公園に行ってみてください。